部位によって違う黒ずみのケア方法

身体の黒ずみは、あらゆる部位にできてしまう、本当に困ったものです。
しかし、正しくケアをする事で、そんな黒ずみを除去することも可能です。

その為には、黒ずみのある場所によってもケア方法が違って来る為、正しいケア方法の上で、黒ずみの場所によってもケア方法を選択する必要があるのです。

例えば、肘や膝の黒ずみの場合、原因の多くが摩擦だと言われています。
その為、摩擦を軽減させる事が肘や膝の黒ずみケアの第一条件。
そのような事から、まずは、たっぷりとクリームなどを肘や膝に塗り、保湿効果を高める事が大切です。

また、間違ったケア方法として、黒ずんでいるからと入浴時にナイロンたわしなど刺激の強いもので、ゴシゴシと洗う事は決してしてはいけません。
正しくは、よく泡立てた泡で優しく洗ってあげる事が大切なのです。
そして、入浴後は、たっぷりとクリームなどで保湿を行います。

その他、脇の黒ずみが気になる人も多いと思います。
脇の黒ずみの場合、自己処理の方法によって、黒ずみを作ってしまっている事が多くなっています。

簡単な自己処理方法だからと毎日、カミソリで剃ってしまうと黒ずみの原因になってしまいます。カミソリでの自己処理は肌に大きな負担をかけるため、黒ずんできてしまうのです。

その為、カミソリを使用する場合は、シェービングクリームを使用したり、剃った後、しっかりと冷やしてあげ、その上で、化粧水やクリーム等でケアをしっかりと行う事が大切になってきます。脇専用のケアはこちら脇の黒ずみを消す解消法

また、デオドラント剤も刺激が強いものがある為、付けすぎには注意が必要です。
脇の黒ずみ同様、気になるのがデリケートゾーンの黒ずみ。
そんな、デリケートゾーンの黒ずみに対しても、自己処理が原因になってしまう事がある為、最善の注意が必要です。

特にデリケートゾーンの場合は、皮膚が弱くなっている為、出来る事なら自己処理は避けて、エステなどで行う事をお勧めします。
また、黒ずみが気になる場合は、スクラブ入りの石けんで洗う事もお勧めです。

このように、一言で黒ずみと言っても、様々な場所に起こる為、その場所にあったケア方法が大切になってくるのです。

意外と悩んでいる人が多いデリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみの悩みを抱えている人は、意外に多いのです。
デリケートゾーンは、皮膚が柔らかく刺激を受けやすいため、色素沈着が起きやすい部分でもあります。

また、他人に相談しにくく比較しにくい部分でもあるため、密かに気にしている人が多いのです。デリケートゾーンの黒ずみの原因の1つには、下着や衣類による刺激を24時間常に受け続けていることが挙げられます。

常に下着を身に着けていることから、擦れたり、強く当たる部分の皮膚が黒ずんできてしまいます。この刺激をできるだけなくすためには、下着のサイズはしっかりフィットする物を選ぶことが大切です。

締め付けのキツイものをずっと着けつづけていると、その部分が黒ずみやすくなってしまいますので気をつけましょう。

ビキニラインの黒ずみが気になる場合には、ボクサータイプの形状がオススメです。
また、下着の素材も、綿やシルクなど、皮膚への影響が少なく通気性のいいものがオススメです。

また、入浴時のデリケートゾーンの洗い方によっても黒ずみの原因になることがあります。
スポンジやタオルなどでゴシゴシ擦ると皮膚への摩擦が生じ、黒ずみを作る原因となってしまいます。

正しい洗い方としては、手や泡立てネットでしっかりと石鹸やボディーソープを泡立てた後、その泡を使って手で優しく洗うことがポイントです。

デリケートゾーンは汚れが溜まりやすい部分でもありますので、指の腹を使って傷つけないようにしながら、キレイに洗い落とすようにしましょう。
その際、デリケートゾーン専用石鹸を使用するのもオススメです。

刺激が少ない成分で作られていたり、殺菌効果が高いのでニオイ対策にもなります。
あまりに黒ずみが気になる場合は、デリケートゾーン専用の美白保湿クリームを使用してもいいかと思います。

ただ、デリケートゾーンは、メラニンが活性化しやすい部位でもあるため黒ずみができやすく、効果が出るには時間がかかることが多いです。

長期的に継続していくことで徐々に効果が現れますので、すぐに諦めずに使い続けていくことが大切です。

肌の黒ずみ・くすみ対策にピーリングを試してみよう

お肌に対して悩みを抱えていないという人の方が少ないですよね。
それくらいにお肌は人を悩ませる種になると思うのですが、中でも肌が黒ずんでいたり、くすんでいたりという症状に悩まされている人もいると思います。

これは誰もがある程度経験するものですから、しょうがない部分もあるのですが、でも気になってしょうがないという人もいるでしょう。
そういう人はどうやって改善をしていけば良いのでしょうか?お肌の黒ずみやくすみに効果的とされているのは、ケミカルピーリングです。

名前は聞いたことあるのではないでしょうか?ピーリングなんです。
ピーリングはお肌の表面に残っている古い角質部分を剥がすことによって、その下から出てくる新しい肌を促す方法になります。

これは案外気軽にできる方法です。美容系のクリニックに行けば、ある程度本格的なものが受けられますけど、結構お金とられると思います。

だから、出費をあまりしたくないという方は自宅でも行えます。
ピーリング用の溶剤みたいなのはネットなどで売っているので、それを買って自宅で試してみる方法もありです。

こちらの方が間違いなくお金はかかりません。ただ、本格的なものにはならないのです。
でも、効果がないわけではないと思いますよ。

自宅でやるピーリングも、角質自体は剥がせますから、くすみに関しては改善の効果があると思うのです。くすみはピーリングである程度改善の効果が期待できます。

黒ずみについては、これは例えば鼻の毛穴の黒ずみについては、改善の効果はあるとは思いますが、抜本的な解決にはならないかもしれないのです。

見た目はマシにはなると思いますけど、黒ずみがなくなるわけじゃないと思います。
肌の黒ずみに関しては場所によりけりだと思います。特に難しいのは鼻の毛穴の黒ずみだと思いますが、その他の場所の場合には、ピーリングである程度解消する場合もあります。

ピーリングは自宅でも気軽に行える方法ですから、まずはそちらを試してみて、それでも満足いく結果にならない場合に初めて美容系のクリニックに行って本格的なピーリングを受けてみてはどうでしょうか?

体の黒ずみ予防方法や注意点

日本人はメラニン色素がとても多いので、皮膚全体が黒ずみやすいと言う要素を持ち合わせています。これを事前に予防するためには、日頃からのケアがとても大切なのです。

体の黒ずみが発生してしまう原因は色々と考えられるのですが、紫外線による色素沈着やくすみなども発生しやすいので、普段から顔や体の全体のUVカットなども大切ですし、紫外線を受けてダメージを受けてしまったときには、早めにビタミンCや美白に効果のある基礎化粧品を使って丁寧にケアをすることが大切です。

肌の黒ずみにはもう一つの原因があり、毎日の肌への刺激によって起こることがよくあるのです。
毎日生活をしていると同じ部分を使ってしまったりすることがあるものですが、肘や膝などは同じ部分を癖でついてしまう場合もあり、それが原因で色素沈着が起こってしまうこともよくあることです。

もともと肘や膝といった部分には、皮脂線もなく比較的乾燥しやすい部分です。
ですが、体を使うときには自然使ってしまいますし、ボディケアのでも膝や肘は忘れてしまいがちな部分でもあるのです。

脇の下なども脱毛していると色素沈着を起こしやすい部分でもあります。
脱毛の刺激によって黒ずみが発生してしまうのはよくあることですが、間違った脱毛方法をとっていると、皮膚が傷ついてしまうのでそれが色素沈着を引き起こしてしまうということもよくあるのです。

さらに、体を洗いすぎているとその部分が色素沈着を落してしまうこともあります。

皮膚というのはとても弱いものなので、刺激を受けると肌が防衛反応を引き起こしてしまい、それがメラニン色素を発生させてしまう仕組みでもあります。

メラニン色素発生させないためには肌を痛めつけるような刺激を体に与えすぎないこと、普段からしめつけすぎない洋服を選択するなど、黒ずみを予防する対策には様々な要因まで気を使わなければなりません。

もし、黒ずみが発生してしまった場合には、保湿ケア怠らず入念に基礎化粧品をつけていくことが大切ですし、その部分がより紫外線などに当たってしまわないように UVケアもこまめに行うことが大切なのです。

お肌の黒ずみの様々な原因と正しい対策

肌が黒ずんでしまう原因には様々なことが考えられますが、まず一番に思い浮かぶのが紫外線による日焼けです。

日に焼けると肌が黒くなるというのは当たり前のことですが、紫外線によって日焼けの黒から黒ずみへと変わってしまうのです。

ただいくら日焼け対策をしていても肌が黒ずんでしまう場合ももちろんあります。
また衣服の下で紫外線を直接浴びていない場所であっても黒ずんでしまうということもあります。

ひじやわきなどの黒ずみがこれに当たります。
この場合にはメラニン色素の沈着、沈殿が原因だと考えられます。

肌というのは外からの刺激によってメラニンが活性化するのです。
それがメラニン色素による肌の黒ずみという形で現れることとなるのです。

また他にも肌の黒ずみには様々な原因が考えられます。
老化や場合によっては内臓疾患から肌が黒ずんでくるという場合もあります。

この内臓疾患の場合には適切な治療を医師から受けることが必要になってきますが、それ以外であればもちろん対策は可能です。

黒ずみ専用のスキンケア商品を使ったり、または肌を乾燥させない、そしてしっかりと保湿をするというだけでも黒ずみのケアになります。

そして一番大切なことはメイクなどをしっかりと落とし、常に肌を清潔にするということですが、このとき気をつけなければいけないことは肌を刺激しすぎないようにすることです。

顔や体などを力任せにごしごしと洗ってしまったりするとその刺激によって、また肌が黒ずんでしまう原因となってしまいます。

こうしたことで肌の黒ずみの正しい対策としては、スキンケアやエイジングケアを正しく行なうことと紫外線対策をしっかりと行なうということ、あとは十分睡眠をとり正しい食生活を心がけるなどとなります。

特に紫外線は若いときは良くても年を重ねるに連れ、黒ずんでくるといったことが考えられるため、早いうちにきちんと対策していくことが大切になります。

そして黒ずみ対策をそのときだけでなく、長く続けていくことで正しく改善できていきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ