お肌の黒ずみの様々な原因と正しい対策

肌が黒ずんでしまう原因には様々なことが考えられますが、まず一番に思い浮かぶのが紫外線による日焼けです。

日に焼けると肌が黒くなるというのは当たり前のことですが、紫外線によって日焼けの黒から黒ずみへと変わってしまうのです。

ただいくら日焼け対策をしていても肌が黒ずんでしまう場合ももちろんあります。
また衣服の下で紫外線を直接浴びていない場所であっても黒ずんでしまうということもあります。

ひじやわきなどの黒ずみがこれに当たります。
この場合にはメラニン色素の沈着、沈殿が原因だと考えられます。

肌というのは外からの刺激によってメラニンが活性化するのです。
それがメラニン色素による肌の黒ずみという形で現れることとなるのです。

また他にも肌の黒ずみには様々な原因が考えられます。
老化や場合によっては内臓疾患から肌が黒ずんでくるという場合もあります。

この内臓疾患の場合には適切な治療を医師から受けることが必要になってきますが、それ以外であればもちろん対策は可能です。

黒ずみ専用のスキンケア商品を使ったり、または肌を乾燥させない、そしてしっかりと保湿をするというだけでも黒ずみのケアになります。

そして一番大切なことはメイクなどをしっかりと落とし、常に肌を清潔にするということですが、このとき気をつけなければいけないことは肌を刺激しすぎないようにすることです。

顔や体などを力任せにごしごしと洗ってしまったりするとその刺激によって、また肌が黒ずんでしまう原因となってしまいます。

こうしたことで肌の黒ずみの正しい対策としては、スキンケアやエイジングケアを正しく行なうことと紫外線対策をしっかりと行なうということ、あとは十分睡眠をとり正しい食生活を心がけるなどとなります。

特に紫外線は若いときは良くても年を重ねるに連れ、黒ずんでくるといったことが考えられるため、早いうちにきちんと対策していくことが大切になります。

そして黒ずみ対策をそのときだけでなく、長く続けていくことで正しく改善できていきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ