部位によって違う黒ずみのケア方法

身体の黒ずみは、あらゆる部位にできてしまう、本当に困ったものです。
しかし、正しくケアをする事で、そんな黒ずみを除去することも可能です。

その為には、黒ずみのある場所によってもケア方法が違って来る為、正しいケア方法の上で、黒ずみの場所によってもケア方法を選択する必要があるのです。

例えば、肘や膝の黒ずみの場合、原因の多くが摩擦だと言われています。
その為、摩擦を軽減させる事が肘や膝の黒ずみケアの第一条件。
そのような事から、まずは、たっぷりとクリームなどを肘や膝に塗り、保湿効果を高める事が大切です。

また、間違ったケア方法として、黒ずんでいるからと入浴時にナイロンたわしなど刺激の強いもので、ゴシゴシと洗う事は決してしてはいけません。
正しくは、よく泡立てた泡で優しく洗ってあげる事が大切なのです。
そして、入浴後は、たっぷりとクリームなどで保湿を行います。

その他、脇の黒ずみが気になる人も多いと思います。
脇の黒ずみの場合、自己処理の方法によって、黒ずみを作ってしまっている事が多くなっています。

簡単な自己処理方法だからと毎日、カミソリで剃ってしまうと黒ずみの原因になってしまいます。カミソリでの自己処理は肌に大きな負担をかけるため、黒ずんできてしまうのです。

その為、カミソリを使用する場合は、シェービングクリームを使用したり、剃った後、しっかりと冷やしてあげ、その上で、化粧水やクリーム等でケアをしっかりと行う事が大切になってきます。脇専用のケアはこちら脇の黒ずみを消す解消法

また、デオドラント剤も刺激が強いものがある為、付けすぎには注意が必要です。
脇の黒ずみ同様、気になるのがデリケートゾーンの黒ずみ。
そんな、デリケートゾーンの黒ずみに対しても、自己処理が原因になってしまう事がある為、最善の注意が必要です。

特にデリケートゾーンの場合は、皮膚が弱くなっている為、出来る事なら自己処理は避けて、エステなどで行う事をお勧めします。
また、黒ずみが気になる場合は、スクラブ入りの石けんで洗う事もお勧めです。

このように、一言で黒ずみと言っても、様々な場所に起こる為、その場所にあったケア方法が大切になってくるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ